海の堤防でサビキ釣りをしています。
2014年12月13日 (土) | 編集 |
しばらく釣行に行けずで悲しい日々を送っております。

仕事の関係・体調の関係で、なかなか遠出が出来ず仕舞いで12月は末にもしかしたら行けるかも?
(カモなので期待は薄いかもしれませんが・・・)

前回の釣行では気付かなかったのですが、竿に付着した潮とコマセを洗い流している時に、以前に子供達が使用していた竿の先端が折れているのを発見しました。


岡ちゃんも、同様の竿先が折れた経験があったようですが、メンテナンス(修理)の方法が判らないとの事でしたので豆知識程度ですがUPさせて頂きます。(釣行・釣果じゃなくて すみません)

1410751304961.jpg

2.7Mの子供用の竿先が こんな感じで折れてしまっています。
竿先の折れた長さにもよりますが、この程度ならガイドの交換(購入)で何とかなります。

DSC_0094.jpg

既に折れてしまった先端は諦めましょう。(折れた竿先と折れてない麓を接着剤で付けてもすぐ折れちゃいます)

DAIWA等のメーカーの竿はFUJI等のブランドのガイドを使用している可能性があるので、少し割高になりますが今回使用している竿は無名で2000円しない竿なので、ガイドも無名ブランドを使用します。

向かったのは○洲屋のガイド売り場です。

今回はガイドの先端だけ交換し、2番目・3番目は、そのまま使います。
先端の折れ具合によっては同調が狂うので2・3番目も交換しないとダメな時もありますので判らなかったら店員に聞きましょう。

竿先を持参して店舗で先端のガイドがピッタリ合うサイズを探します。

そして、竿を仕舞うときに、しっかり2番目のガイドの中に先端が仕舞えるか確認をしましょう。

DSC_0097.jpg

写真のように、先端が2番目のガイドの中に入り、先端もグラつかない事を確認したら購入です。

DSC_0095.jpg

通常のアロンアルファーでもOKですが、竿専用のアロンアルファーを何故か持っていたので、現地で接着させました。

1410751914202.jpg

こんな感じで復活しました(^^)
竿先がピッタリ合う物が無ければ、竿を少しカットするか、竿先にティッシュを巻いて接着すれば問題ありません。


それから、2・3番目のガイドの位置が気に入らず、先端のガイドを外したいときは、軽くライターで先端のガイドを炙りながらペンチ等で引っこ抜くと綺麗に外す事ができます。(くれぐれも素手で炙った直後に触らないように・・・火傷しますので)


しばらく外房ではアジの入れ食いが続いていたようですが、北日本の大雪の影響で関東は暴風が吹き荒れ、一時入れ食いが止まってしまったようです。また勝浦周辺では少しずつですが活性が上がってきたようですが入れ食いまでとはならないようです。

アジも良いのですが、鹿嶋でサヨリ姫を狙いたいと思う願望だけは強い私であります。

魚の活性もそうですが、人間の活性も下がってしまい頑張らないといけませんね(笑)

関連記事

↑ 「この記事読んだよ」の証にポチッと押して頂けると嬉しいです。

最後まで読んでくれて ありがとう(*^_^*)

ランキングに参加中です。↓↓↓気が向いたときにポチっと押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ サビキ釣りへ  釣りの世界 釣り情報「釣りなび」 釣りガイド   GyoNetBlog ランキングバナー  釣り情報を一発検索!(JFS) 日本フィッシングサーチ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する